チャン・ウォニョン(IZONE/アイズワン)のプロフィールとPRODUCE48動画まとめ!

プロデュース48で最終ランキング1位となり、アイズワン(IZONE)のセンターを勝ち取ったチャン・ウォニョンさん!

チャン・ウォニョンさんの年齢、誕生日や身長と、PRODUCE48で出演していた動画をまとめました!

IZONE(アイズワン)ではどのような姿が見られるのか今から楽しみです!

 

プロデュース48練習生が飲んでいたダイエットサプリ!
今だけ1ヶ月分が500円!
↓ ↓ ↓

チャン・ウォニョン(IZONE/アイズワン)のプロフィール!

ハングル表記 장원영
英語表記 JANG WON YOUNG
生年月日 2004年8月31日
身長 168㎝
体重 47kg
血液型 O型
練習期間 1年2ヶ月
所属事務所 スターシップエンターテイメント

 

チャン・ウォニョンはプロデュース48の96名中で最年少!

これは、ナショナルプロデューサーのスターシップです。
プロデュース48の長い旅路を最後まで一緒にいてくださって本当にありがとう!
それは常に国民プロデューサーの皆様が応援するための大きな力となっています!
私にとって貴重な機会をありがとうございました!頑張ります!
今後とも本当にありがとうございました!!!どうもありがとうございます!!!

 

2004年8月31日生まれということで、プロデュース48が放送開始となった6月15日時点では誕生日前でしたのでなんと13歳!

そしてプロデュース48の最終話となる第12話(ep.12)が生放送されたのが2018年8月31日でしたので、センター獲得という素晴らしい誕生日プレゼントがもらえましたね。

 

ちなみに、韓国では年齢が数え年で計算されて、1月1日に全員1歳年をとるという考え方です。

数え年なので生まれたらすでに1歳。最初に1月1日を迎えたら2歳になるということです。

つまりもし12月生まれだったら、生まれて1ヶ月後には2歳と呼ぶことになるんですね。日本では0歳1ヶ月なのに…。

 

ということで、チャン・ウォニョンさんは日本の年の数え方では2018年8月31日に14歳となりますが、韓国では2018年1月1日の時点で15歳になっています。

どちらにしても若すぎて驚愕です。

 

韓国で結婚できる年齢の法律は何歳から?年の数え方で学年も違う!

韓国で結婚できる年齢の法律は何歳から?年の数え方で学年も違う!

2018年7月13日

 


チャン・ウォニョン(IZONE/アイズワン)のPRODUCE48での動画をチェック!

 

チャン・ウォニョンのネッコヤ(내꺼야)

 

チャン・ウォニョンの1分PRと事務所からの応援!(EP.0)

 

チャン・ウォニョンのアイコンタクトチャレンジ!(EP.0)

まばたき禁止のPR動画。まばたきしたら終了です。早い!

 

チャン・ウォニョンのボックスチャレンジ!(EP.0)

同じ事務所(スターシップ)のアン・ユジンさんと一緒に。

 

チャン・ウォニョンの事務所別パフォーマンス(EP.2)

 

チャン・ウォニョンのグループバトル「Very Very Very(ノムノムノム)」(EP.3)

Very Very Very(너무너무너무)では1組目に登場しました。

 

チャン・ウォニョンのダンスポジション評価「Side To Side」(EP.6)

 

チャン・ウォニョン8話の順位で1位と2位の発表の瞬間!(EP.8)

 

チャン・ウォニョン9話での一言メッセージ(EP.9)

 

チャン・ウォニョンの「Rollin’Rollin’」(EP.10)

 

チャン・ウォニョン最終話で1位獲得の発表(EP.12)

 

チャン・ウォニョン(IZONE/アイズワン)PRODUCE48での順位推移

チャン・ウォニョンさんは、結果的に見ると常に上位をキープしていてデビューも確実でした。

初回は3位からスタートして、4位→4位→3位から1位を獲得、その後8位と下がって最終回の直前では7位という順位でした。

チャン・ウォニョン PRODUCE48順位
第1話 3位
第2話 4位
第3話 4位
第1回投票による発表 3位
第2回投票による発表 1位
第9話 8位
第3回投票による発表 7位
最終 1位

 

チャン・ウォニョン(IZONE/アイズワン)のプロフィールとPRODUCE48動画のまとめ

14歳という若さで見事なスタイルで可愛さもあり、ダンスも上手!

1位となったのも納得です。

10月頃にはアイズワンのセンターとして活動していくのも楽しみです。

 

他の練習生を推していた一部のファンからはYouTubeの動画で「低評価」を多く押されている状況だそうですが…、応援していきたいです!

Twitterでは「#SAVE_WONYOUNG_」のハッシュタグでチャン・ウォニョンさんを応援したいという声も上がっていますのでぜひ!