グレーヘアーにするには!白髪移行期を乗り切るグレイヘアの作り方!

白髪が増えてくると、頻繁に白髪染めをしなければならないので髪が痛むし面倒ですよね。最近白髪染めをせずにナチュラルな状態で過ごすグレイヘアーという選択が話題となっていますが、グレーヘアーについてあまり詳しくは知らないという方も多いかと思います。グレイヘアーの作り方や移行は結構難しそうなイメージがありますよね!また、グレイヘアーという選択のメリットやデメリットがあるのでしょうか?今回はグレイヘアーの作り方や自然な移行についてやグレーヘアーについてご紹介します。

 



グレーヘアーという選択は?

グレーヘアーとは今までは白髪は染めて目立たなくさせるという考えから、白髪染めをやめて自然な髪色を生かすヘアスタイルのことです。
最近は女性誌でも取り上げられていることが多く、話題となっています。

若い頃から白髪に悩む方もいますが、年とともに増えていき量が増えてくるとこまめに白髪染めをしなければなりません。

美容室にも頻繁に通うとお金もかかりますし、セルフでするのは手間もかかって面倒になりますよね。
白髪染めをすると髪も傷んでしまうので、自然な白髪を活かしたグレーヘアーは魅力的です。

 

そもそもどうして白髪は増えてくるの?

若い頃から白髪に悩む方もいますが、加齢とともに増えてきてしまします。
白髪の原因も調べてみると以下の原因がありました。

  • 栄養不良
  • 血行不良
  • ストレス
  • 遺伝
  • 紫外線
  • 睡眠不足

白髪は老化現象の一つですが、個人差はありますが30代後半からどっと増えてくる印象があります。

それはストレスや睡眠不足、栄養不足または遺伝ではないかと言われています。
ストレスは健康面でもよくありませんが、白髪の原因にもなっているんですね!

 


グレーヘアーの作り方、上手に移行する方法とは?

グレーヘアーの作り方は、ただ白髪染めを辞めてそのまま伸ばしっぱなしにするわけではありません。

いきなり白髪染めを辞めるのはちょっと勇気もいりますよね!
自然にグレーヘアーにしていく作り方と上手に移行する方法を調査しました。

 

髪全体の30%が白髪になってからグレーヘアーに移行する

これはグレーヘアーにする前の問題ですが、「白髪が増えてきた」という理由だけでグレーヘアーにするのはまだ早い可能性もあります。

まだらに白髪がある程度でグレーヘアー移行を挑戦するとグレーヘアーになるまでに相当な時間もかかりますし、移行期間中は中途半端でみすぼらしく老けてみられてしまうこともあります。
白髪の量が髪全体の30%くらいになるようになったらグレーヘアーに移行を始めましょう!

 

移行中は隠しながらグレーヘアーに

綺麗なグレーヘアーになるまでは白髪がまだらな状態になってしまう時期もあります。

そんな移行時期はウィッグや帽子などの小物を使うこともおすすめです!

白髪用のファンデーションも簡単に白髪が隠せるのでおすすめです。

 

ハイライトを入れて髪全体のトーンを調整する

ハイライトをすると白髪染めをするのと同じじゃないか思う方もいるかと思いますが、グレーヘアーへ自然に移行するためにはおすすめです。
ブルー系やアッシュ系のハイライトを使うと移行期間を綺麗に見せながら立体感を出すことがきます。

白髪の量が増えてきたらハイライトの量も減らしていきましょう!

またハイライトでブリーチをするのに抵抗のある方は、色落ちするマニキュアでトーンの明るいものを使い、白髪とのギャップを目立たなくさせるという方法もあります。
グレーヘアーに特化した美容室もあるのでプロに相談するものいいかもしれませんね!

 

ヘアスタイルを変える

移行期間にヘアスタイルを変えてみるのもおすすめです。
白髪と境目が目立ちにくいのはストレートよりもウェーブがかかったヘアスタイルです。

また思い切ってショートヘアにしてみるのもいいですね!

移行期間はひたすらカットしてグレーヘアーになるのを待つという方法もあります。
傷んだ部分を思い切ってバッサリカットすると若々しいスタイリッシュな印象になりますよね。

全体的に白髪になってきたら、あとは好きなヘアスタイルにしてみましょう!

 

ツヤのある髪を保つために栄養補給

これから生えてくる髪をツヤのある綺麗な髪にするためには食事も重要です。

  • タンパク質・・・髪の主成分。不足すると栄養が行き届かなくなりパサついた髪質になってしまいます。
  • ビタミン・・・頭皮環境を整え、髪の毛の正常な成長を促進します。
  • ミネラル・・・ミネラルが不足すると健康で質の良い髪を生成できなくなります。薄毛や抜け毛の原因に!

外側からケアしていくことも大切ですが、食事に気を付け質の良い髪を増やしていくことも重要なんですね!

 

白髪から美しいグレーヘアーにするには?

グレーヘアーにすることでみすぼらしい印象や身だしなみに気を付けていないとマイナスなイメージになってしまうこともあります。
グレーヘアーを美しくみせるポイントをチェックしておきましょう。

 

髪に潤いを与える

パサつきがある髪はただ傷んでみえてしまうだけなのでNGです。
洗い流さないタイプのヘアトリートメントを使用したり、スタイリング剤はツヤを与えるオイルやミルク、ヘアバームを使用してツヤのある髪を保つようにしましょう。

 

肌にツヤを与える

肌にツヤ感があった方が若々しい印象になってグレーヘアーがより美しくみえるようになります。ファンデーションだけでなくハイライトを使用するのがおすすめ!

 

リップは赤系を使う

唇の輪郭を丁寧にふちどるメリハリのあるリップがおすすめです!白髪は輪郭がぼやけるので、口紅は必須になります。

 

ファッションは明るい色を着る

グレーヘアーは赤系などのはっきりとした明るいファッションの方が似合うようです。
くすんだ色合いのファッションだと全体的にくすんでしまいます。
また、グレーヘアーはラフなカジュアルなファッションはだらしがなく見えてしまいがちなのでおすすめしません。

 

グレーヘアーのメリットとデメリット

グレーヘアーにすることにはメリットとデメリットもあるようです。
メリットとデメリットをチェックしてみましょう!

 

グレーヘアーのメリット

  • 髪と地肌が痛まない。
  • 染める手間が省ける。
  • お金がかからない。

 

グレーヘアーのデメリット

  • グレーヘアーに慣れるまで不安になる。
  • イメージダウンの心配。
  • 周りから染めないのかと聞かれることもある

 

白髪染めのメリットとデメリット

白髪染めにもメリットとデメリットがあるので、グレーヘアーのメリットとデメリットとくらべてみましょう。

 

白髪染めのメリット

  • 白髪がないと若々しい印象になる。

 

白髪染めのデメリット

  • お金がかかる。(セルフだと1回約1,000円前後、美容室だと約10,000円前後)
  • 髪と地肌は痛む。
  • 染める時間がかかる。

 

メリットとデメリットのまとめ


グレーヘアーと白髪染めにはそれぞれメリットとデメリットがありました!
白髪染めをすると若々しい印象になりますが、ずっと染め続けなければならないので面倒ですよね。
グレーヘアーは慣れるまで周りの目が気になってしまうようですが、グレーヘアーだから似合うファッションやヘアスタイルもあるのでグレーヘアーに挑戦してみたくなります!

 

グレーヘアーにするには!白髪移行期を乗り切るグレイヘアの作り方!のまとめ

グレーヘアーの作り方や移行についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?今まで白髪染めをしていた方からすると、グレーヘアーはかなりの挑戦になるようです。
でも自然なグレーヘアーは、私は素敵でいいなと思いました!

白髪染めをしていると頻繁に美容室に通っていつ辞めればいいのかタイミングを失ってしまします。

でもグレーヘアーは自然に移行するのに少し時間がかかりますが、一度頑張ると後は髪を傷めることもなくグレーヘアーを楽しめるのでいいですよね!
白髪染めで悩まれている方はぜひこの機会にグレーヘアーについて考えてみましょう。