ピノキオ(韓国ドラマ)を観た感想は?あらすじネタバレもチェック!

韓国ドラマ「ピノキオ」はイ・ジョンソクさんとヒロインのパク・シネさんとの感動のヒューマンドラマです。

全20話で韓国では2014年に放送されました。

イ・ジョンソクさんが主演のドラマはヒット作が多いですね!

韓国ドラマ「ピノキオ」を観た感想や、あらすじをネタバレ込みでご紹介します。

 



ピノキオ(韓国ドラマ)のあらすじ!

 

嘘をつくとしゃっくりが出るピノキオ症候群のチェ・イナは、父親と祖母と叔父と仲良く暮らしているが、その叔父チェ・ダルポはイナの本当の叔父ではなかった。

ダルポの本当の名前はキ・ハミョンで、悲しい事件によりマスコミに追われ一家離散した過去を持つ。

そしてその原因となったマスコミの記者はイナの母親だった。

その事実を知らないイナは、仕事を優先し娘を捨てる形で家を出ていき、テレビの中で活躍している母親に会うため自らも記者になることを決意する。

一方のダルポは、自分の家族を苦しめた張本人の娘であることを知りながら、共に暮らす内にイナを好きになってしまう。

そしてイナとダルポは共に記者となり、イナもダルポを好きになり始めたある日、イナは自分の母親がダルポたちの家族を一家離散に追いやった事実を知ってしまう。

 

 

ピノキオ(韓国ドラマ)の作品情報

韓国SBS放送2014年11月~2015年1月放送
全20話
ハングル表記「피노키오」

演出 チョ・スウォン
脚本 パク・ヘリョン

主人公2人が紡いでいく愛の物語はもちろん、彼らが様々な試練を通し「真実を伝える覚悟と意味」に気づいていく過程には、社会的メッセージが浮かび上がり、心震える。

そこには、ダルポの亡父とイナの母の因縁や、過去の誤った報道の真相などサスペンス要素も織り込まれ、一時も目が離せない。

また、架空の疾患「ピノキオ症候群」を素材に、「嘘」が人を救い、人を傷つけていく様が映し出され、深いテーマ性に唸らされる。多様なエピソードが散漫になることなく1つに繋がっていく脚本力の素晴らしさが光る!

 

 

嘘が付けない病気「ピノキオ症候群」は実在するの…?

ヒロインのパク・シネさんが演じるチェ・イナは、自律神経系の異常のためにうそをつくとしゃっくりが出てしまうというピノキオ症候群で、ドラマ内では43人中1人の割合でこのような症候群が見られる、というものです。

43人中1人って、学校なら学年ごとに1人か2人は出てしまいそうなほど高確率な割合です…。

万が一と思って確認してみましたが、やはりピノキオ症候群というものは実在する病気ではなく、このドラマの中で作られた架空の設定でした。ですよね…。

 

しかし「嘘をつけない」というのは幼い子供ほどよく当てはまりますね。

一生懸命ごまかして(悪いことをすると!)しらを切ろうとしますが、4歳くらいの子供は顔に「やりました」と書いてあるくらい分かりやすいごまかし方をするので見ていて笑ってしまいます。

 

ドラマの中では、声に出さずに嘘をついてもしゃっくりが出てしまい、大きな嘘については正しく訂正するまで止まらなくなってしまいます。

 

制作陣はピノキオ症候群について嘘をつくと自律神経の異常によりしゃっくりの症状を見せる症候群だと明かした。

電話やメッセージで嘘をついてもしゃっくりをし、良心に反する大きな嘘によるしゃっくりは正すまで継続するものと伝えられた。これに人々は実際にも存在するのかについて関心を寄せた。しかしこれについて制作陣は「これは実際には存在しない仮想の症候群」であると付け加えた。

 


ピノキオ(韓国ドラマ)を実際に観た感想をネタバレ込みで紹介!

30代前半女性
最後まで韓国ドラマ「ピノキオ」を観ました!

とにかく主演のパク・シネちゃんとイ・ジョンソクくんのカップルが最高です。

ビジュアル的にもお似合いですし、演技の相性も良さそうで視聴者としては安心できるカップリングでした。

どちらも演技が上手く、二人のシーンではあまりにもナチュラルすぎて本当に付き合ってるんじゃないだろうか、と思えるほどでした。

 

シネちゃんは子役の頃から見ていますが、年を重ねる毎に本当に美しくなっていき、このピノキオでも可愛すぎるぐらい可愛かったです。

このドラマは映像の美しさと音楽が本当に素晴らしく、特に雪が舞う中での二人のキスシーンはとても美しかったです。

 

ダルポとイナは、血は繋がっていないとはいえ家族ですので、トイレの前で行われる二人の家族ならではのやり取りには、笑わされました。

嘘をつくことができないイナと、それを知りながらそっと見守るダルポ。

二人はお互いを想い合っているけれど、ダルポの立場を考えれば簡単にイナを好きだと言えないのも当然だな、と思いながら見ていました。

愛する人たちとその人生を奪ったのは、紛れもなくイナの母親。

それをイナを好きな気持ちだけで許すことは難しいのだと思います。

様々な感情の中で成長し、愛し合う姿は切なくもあり、キュンキュンすること間違いなしです。

 

韓国ドラマ「ピノキオ」の感想はTwitterでも!

 

https://twitter.com/kaorinnann15/status/1058705248569647104?s=20

 

https://twitter.com/nappi267/status/1060178570075459587?s=20

 

https://twitter.com/Park__ShinHye00/status/993477464478269440?s=20

 

 

ピノキオ(韓国ドラマ)を観た感想は?あらすじネタバレもチェック!のまとめ

イ・ジョンソクさんをたっぷり観たい人にもおすすめのドラマです。

また、「ピノキオ」には韓国アイドルグループ「MBLAQ」を離れて俳優活動をしているイ・ジュンさんや、最終回にはカンナム、ユン・サンヒョンなどがカメオ出演としてちょい役で登場したりします。

「あ、この人なにかのドラマで見た事ある!」という人が出てくるかもしれません。

韓国ドラマで胸キュンしたいならぜひ「ピノキオ」を観てくださいね!