ジャグラス(韓国ドラマ)を最終話まで観たネタバレ感想!視聴率もチェック!

韓国ドラマ「ジャグラス」を、最終話まで観たから言えるネタバレ感想をお伝えします。

またジャグラスの、韓国での視聴率もチェックしました。

秘書として上司を支えるペク・ジニと、ひたむきな秘書に、心の傷をいやしていくチェ・ダニエルの魅力がつまったドラマなんですよ。

 



韓国ドラマ「ジャグラス」情報

相関図

出典:http://kandera.jp/sp/jugglers/

 

キャスト

ペク・ジニ チャ・ユニ役

YBグループの秘書。ポン常務のために、身を粉にして働くが、不倫していると勘違いされ職場を去る。やっと呼ばれていった部署の常務がチウォンで、秘書はいらないと冷たく言われる。

これまでの出演作:「奇皇后」「ミッシングナイン」

 

チェ・ダニエル ナム・チウォン役

YBグループ映像事業部常務で、誰も寄せ付けない。秘書のユニが来てから、心境に変化があらわれる。しかもユニの家は、昔自分が住んでいた家だった。

これまでの出演作:「童顔美女」「黄金の林檎」

 

カン・ヘジョン ワン・ジョンエ(ワン・ミエ)役

ユニの友人で、専業主婦。幸せそうだったが、夫が失踪しており、取り立てに追われていた。生活のため、息子のために、ワン・ミエ(実の妹の名)を名乗って仕事をする。ユルのいるスポーツ事業部の、89番目の秘書として働き始める。

これまでの出演作:「結婚の裏技」

 

イ・ウォングン ファンボ・ユル役

YBグループの理事だが、問題ばかり起こしている。秘書も次々に辞めていき、89番目の秘書ミエにも、さっそく無理難題を言いつけるが…。いつもと違っていた。

これまでの出演作:「グッドワイフ」「推理の女王」

 

チョン・ヘイン パク・ギョンネ役

コーヒーショップのマネージャー。

これまでの出演作:「家族を守れ」

 

チャ・ジュヨン マ・ボナ役

YBグループの広告企画部専務サンムの秘書。出世のために、横暴なサンムに耐える。ユニに劣等感を感じている。

これまでの出演作:「月桂樹洋服店の紳士たち」

 

イン・ギョジン チョ・サンム役

YBグループの広告企画部専務で、副社長の座を狙っている。とにかくチウォンが目障りで、ユニにスパイをさせようとするが…。

これまでの出演作:「馬医」「完璧な妻」

 

キム・チャンワン ト・テグン役

YBグループ副社長で、チウォンの元舅。チウォンを心配して、温かく見守っている。

これまでの出演作:「江南ロマンストリート」「耳打ち」

 

チェ・デチョル ポン・ジャンウ役

YBグループ常務。浮気を繰り返し、妻への対応までユニにさせていた。

これまでの出演作:「私はチャンボリ」「雲が描いた月明かり」

 

ミン・ジヌン ウ・チャンス役

ユニの元彼。ユニと同じ映像事業部へ来ると、よりを戻そうと言い寄る。

これまでの出演作:「ヨンパリ」「適齢期惑々ロマンス」

 

基本情報

放送局:KBS
韓国での放送:2017年12月4日~2018年1月23日
韓国での話数:全16話
脚本:チョ・ヨン
演出:キム・ジョンヒョン「秘密」「スパイ」

 


「ジャグラス」の韓国での視聴率は?

放送日 視聴率
1話 12月4日 5.6%
2話 12月5日 7.0%
3話 12月11日 6.8%
4話 12月12日 6.8%
5話 12月18日 6.4%
6話 12月19日 9.1%
7話 12月25日 7.3%
8話 12月26日 9.9%
9話 1月1日 8.1%
10話 1月2日 9.4%
11話 1月8日 7.0%
12話 1月9日 8.5%
13話 1月15日 7.1%
14話 1月16日 8.6%
15話 1月22日 8.2%
最終話 1月23日 9.1%

(AGB調べ)

始めは良くなかった視聴率も、回を追うごとに上がっています。ペク・ジニさんやチェ・ダニエルさんなど、登場人物が魅力的なんですよね。

 

韓国ドラマ「ジャグラス」あらすじ

ユニはYBグループの常務秘書として、忙しく働いていたが、あらぬ誤解から自宅待機処分を言い渡される。

ユニは、YBグループ映像事業部の常務秘書として復帰するが、氷のような上司チウォンに、辞めるよう言われます。

それでもユニは、辞める訳にはいかないと、認めてもらえるよう精一杯努力をします。スポーツ事業部のユルは、そんなユニを自分の秘書にと誘うのでした。

 

ある日、友人のジョンエの夫が失踪したことを知るユニ。歳と名前を偽ってユルの秘書に推薦します。いままで88人の秘書が辞めていったユルのわがままに答えていくミエを名乗るジョンエ。ユルはミエを秘書として雇うことにしたのでした。

 

そしてユニとチウォンの関係は、徐々に改善されていました。ユニの家に賃借人としてすむことになったり、ユルの手助けもあったりして、チウォンがユニに心を許し始めていました。

ある日、チウォンは広告企画部専務の不正を暴きます。ユニの友人マ・ボナは、ユニが事前に何も言ってくれなかったことを怒ります。そして専務もまたチウォンを逆恨みして復讐のチャンスをうかがっていた。

YBグループで開催されるボスアワードに出たチウォンは、火事の映像が流れたことで、幼いころの事故の記憶がよみがえり舞台上で失神するのでした。

チウォンを心配するユニは、副社長テグンから、火事のときの出来事を聞きます。

 

再び冷たいチウォンに戻り、消えてくれと言われるユニ。ユニが風邪をひいて会社を休むとチウォンは、ユニの存在の大きさに気づきます。

体調が優れないまま、母から言われ見合いをするユニ。事情を知ったチウォンは、あわてて見合い場所へ急ぎ、ユニを見つけると連れだしてしまいます。そしてキスをするのでした。

一方ミエが秘書になって、ユルは初めて仕事に意欲を見せます。周りに理解してもらえない中、ミエだけはユルの味方になり、心をガッチリつかんだようです。しかしミエの正体がばれるのも時間の問題でした…。

 

いろいろありながらも社内では交際を内緒にして、愛を育んでいたユニとチウォン。しかしチウォンの元妻や、ユニの母など障害が次々とあらわれます。ふたりの前にも、大きな問題が降りかかってきます。

 


韓国ドラマ「ジャグラス」のネタバレ感想!

韓国ドラマ「ジャグラス」は、ユニとチウォンの恋愛がメインのお話です。二人の出会いは印象が悪いのだが、再会して徐々にお互いを認めるという、韓国ドラマの定番なんですが、チウォンとユニが魅力的で、定番でも気にならなかったです。

特にチェ・ダニエルさん。氷のような上司なんだけど、マンガ喫茶で名言を手帳に控えていたり、ユニにいじわるをして買わせたスリッパが、気に入って喜んだりしていて、冷たさを感じません。

 

ユルにも始めは冷たいのですが、心配もしていて、呼ばれれば嫌がりながらも一緒にいます。ユニの家を出る場面があるのですが、とうとうユルとおそろいの服を着ちゃってます。

またユルとジョンエ。YBグループの王子さまのユルは、秘書を次々と辞めさせる問題児でした。人懐っこい笑顔でチウォンにまとわりついていますが、ユルはチウォンの本質を見抜いていました。

だから一族には反抗していても、チウォンにだけはついていくんです。ユルのおかげで、チウォンとユニの仲も良くなった部分もあります。

そしてジョンエは生活のために、自分を偽ってミエと名乗ります。いままでにない自分の味方をしてくれる秘書に、仕事に意欲がでてきます。亡くなった母のことを思っているところは、ユルの寂しさがあらわれています。実際は主婦だから、ご飯を作ってくれるミエに、ユルが母を感じるのも無理はありませんよね。

 

「ジャグラス」は、定番の展開もありますが、ラブコメディが好きな方には、おススメのドラマです。

ソンフンさんやユ・ジテさんが、ゲスト出演しているのも見どころのひとつです。ドラマ「マッドドッグ」に出てくる、テヤン生命のチャ・ガンウがでてきます。探してみると面白いですよ。

 

ジャグラス(韓国ドラマ)を最終話まで観たネタバレ感想!視聴率もチェック!のまとめ

韓国ドラマ「ジャグラス」の、最終話まで観たネタバレ感想をお伝えしました。韓国でも視聴率が良く、最高視聴率は9.9%でした。

ペク・ジニさんやチェ・ダニエルさんの魅力がつまった韓国ドラマ「ジャグラス」は、ラブコメディが好きな方は、楽しく観られるドラマです。